人が亡くなると…。

人が亡くなると、忙しくなります。
いろいろとしなければいけないこと、届けなければいけないこと、たくさんあります。

死亡宣告をドクターから受けると、死亡届を書いてもらいます。
そしてその死亡届を提示することによって、葬儀会社は動いてくれます。

死亡届がないということは、亡くなったことを証明することはできません。
死亡届の提示をもって、葬儀会社は動き始めます。

お通夜、葬儀あるいは告別式と進めていきます。
お葬式が終われば、亡くなった人を火葬してもらいます。

火葬が終われば、一段落…というところですが、まだまだしなければいけないことはたくさんあります。
初七日に四十九日、忌明け、そして納骨です。

そもそもお葬式をあげるのは、亡くなって2~3日ほどたっていますから、
お葬式の日に初七日も済ませてしまう人もいます。

亡くなってから初めてのお盆を迎えるときは、初盆があります。
またその後は、年忌法要があります。

亡くなって50年で、年忌法要が終了します。
家族葬が安くできる葬儀屋の情報はこちら